Diary

INSANEWORKSに入社した山田です(後編)

せっかく大学に入学したものの、一度社会に出て働いたことがあった自分には学生という立場がいまいちしっくりこなかったのか、2年在籍して中退してしまいました。

大学を中退してからは5年ほど、スマートフォンアプリ+サーバーAPIの開発の仕事をずっとやっていました。

そんなこんなで大学を中退してから5年ほどが経ち、システム開発・保守をずっとやってきて、これからも同じことをやり続けるのか、自分は今後どうなっていきたいのか今まで以上に考えるようになってきました。

今まで以上に大きな成果を上げたい、多くの人にとって必要とされるものを作りたい、でも今の自分にできることはシステム開発・保守とその延長線にあるものだけ。でもまずは今自分の強みであるところをトコトン強化していくべきなんじゃないか。そう思うようになりました。

考えてみれば今までは人数が10~30人くらいの会社で比較的規模の小さいシステム(一人で全容を把握できるレベルの)の開発ばかりやってきたなと。ならばその対極にあるバカでかいシステムを作ろう。そこで思いついたのは業務基幹システムでした。色々な人と話しているうちに、金融系が業務基幹システムの中でも特に複雑だという話を聞きました。

そんなこんなで気づいたら、金融系システムを作る環境に身を置いていました。

ただ、本業でできる事なんて限られている。もっといろいろなプロジェクトにかかわってもっとスキルを伸ばしたい。そんなことを考えているときに、INSANEWORKSの代表社員白塚さんに一緒に仕事をしないかと声をかけていただきました。

元々白塚さんとは大学入学前に働いていた職場で一緒に働いていて、それ以来ずっと交流させていただいていて、スキル的にも人間的にも尖っていて一緒にまた仕事ができたら楽しそうだなと思っていました。

まだ具体的にどういう仕事をしていくのか模索中という感じではありますが、色々楽しみながら幅広く仕事をしていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください