Diary

PCR検査を受けてきた記録

ある日起きてiPhoneの通知をチェックしてたら見慣れない表示が、、厚生省が出している接触確認アプリ、COCOAの通知です。

「COVID-19にさらされた可能性があります」

これに気づいたのは 9/13 で、リモートワークでほとんど外出していないので心当たりがありません。。しかも、COCOAのアプリには通知が出たにも関わらず、接触の詳細が表示されないのです。

※陽性者との接触があったようなプッシュ通知が表示されましたが、接触確認アプリを開いて陽性者との接触を確認すると「陽性者との接触は確認されませんでした」と表示される場合については、こちらをご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

COCOAアプリの不具合の件は知っていたので、早速詳細を追ってみることに。iPhoneOS 13.7からは「設定 ➡️ 接触通知」の画面で記録を見てみて、「一致したキーの数」が1以上なら接触は間違いないようです。

あーこれは接触してますねえ、、厚生省1.5m以内で15分以上らしいですが、電車も15分も乗らないし本当に心当たりがありません。ここに表示されてるハッシュを、非公式の cocoatest で検索してみます

9/4日接触でどうやら間違いなさそう、、というわけで、どうしたらいいかスクショを含めて厚生省に問い合わせのメールを送ってみたところ、返信が来ましたが、ほぼコピペなので割愛しますが、気になるなら電話しろ的なメールです。接触を検知された事、アプリ以外でも接触している可能性もあることから最寄りの保健所へ電話したところ、最寄りの保健所で今日すぐなら開いてるから来たら検査します。検査の30分以内は飲食しないでくださいとのこと。もちろん即予約して車で向かいます。

保健所に着いたら防護服で物々しい雰囲気かと思いきや、屋外でそれほど重い雰囲気ではなかったので「検査で忙しく、不愉快に思われるかもしれませんが、PCR受けてきたことを会社に知らせたいので写真撮って構わないですか?」と聞いたら許可は下りませんでした。

鼻グリグリかと思いきや、唾液で検査らしく、規定値のメモリまでひたすら唾液をためて、シリンダーに唾液サンプル入れていきます。それほど無茶な量ではないのですぐ終了。「予約時に聞かれたと思いますが、検査を受けたら結果が出るまで自宅待機してください。検査結果は大体3日くらいで出ます」

待つこと三日、特にどうしても出なくてはいけない用事はありませんでしたが、思いの外義務感のある待機というのは長く感じます。。

結果は陰性マイナス!!

COCOAはバグバグで意味ない!とかいう方もいるみたいですが、少なくとも接触通知があった場合は公費で検査を優先的に受けれるのでインストールしておくことをお勧めします

COCOA – 新型コロナウイルス接触確認アプリ
厚生労働省公式

以上、PCR検査体験記でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください