INSANEWORKS,LLC
Hostname: ec2-54-205-89-199.compute-1.amazonaws.com
IP Addr: 54.205.89.199
292月/126

10 minutes retouch

みなさん、こんにちは。
デザイナーのシゲです。

今回はカッコいい写真の撮り方を紹介します。
と言ってもボクが写真を撮る時に意識しているのは、
その瞬間を切り取れたらいいなという事と
ズームは使わず自分が動く!! ってだけです。

構図や技術的な事に拘りは特にありません。。。w
それより、撮ったという行為だけで満足はしたくないんです。
何年後、何十年後に観てもその時の感情を感じれたらなって思ってます。
そこで今回は 撮り方より、その後にもっとよくする方法を紹介したいなと思います。


まずはこの写真。
3年程前に海外で撮りました。クリスマス時期のアメリカです。
バスの中で揺れているエアフレッシュナーです。
映画のワンシーンみたいと思って撮ったのですが、ボケていますし色もイマイチです。
そこで、あの時観た瞬間を再現してみます。

まずはレベルを調整します。
シャドウとハイライトを少し絞めてハッキリさせます。

次にトーンカーブでカラーを決めます。

そして、調整したものと同じものをソフトライトで重ねます。
ソフトライトとは、合成色に応じて明るくなったり暗くなったり。
重ねた画像の色が50%グレーより明るい場合、背景も明るく、暗い場合は暗くなる。
そんな効果です。

若干、それっぽくなってきました。
でも映画のワンシーン(フィルムっぽさ)がないです。
そこで今まで調整してきたこれらの彩度を落とします。

さらに、フィルムの経年劣化を出してみます。
今回はレンズフィルターを使っています。
そしてフチの部分も暗くしてみました。

これで80年代の映画っぽく観えませんかね。。。?

次は風景です。


この写真、これも数年前に飛行機の中から撮ったものです。
コチラは朝なのにアッチは夕日なのが印象的で撮りました。
でも、今観るとあまりキレイとは感じません。。。
あの時みた景色はもっと印象的でした。

 


そこでこれもレベル補正です。

そして、トーンカーブ

さらにソフトライト。

 


最後に、ハッキリみせたいので彩度を上げます。
青いところはより青く、赤いところはより赤くレンズフィルターをかけます。
(マスクを使用して翼の金属感は残しています。。。)

どうですかね?
今回はPhotoshopを使用し詳細は省きましたが、
最近はiPhoneのアプリなどでだれでも簡単に「それ」っぽく出来ます。
何をもって「それ」というかは、ひとそれぞれかも知れませんが
自分で出来るともっと楽しみが増えるかなと。
オリジナルも大切ですが、あの時撮った瞬間に感じた事を
自分なりに表現出来たらステキじゃないですか!!w
みてくれるひとにもそれを伝えられたらもっと。
写真を「いじる」楽しさが少しでも伝わって興味を持って頂けたらなと思います。
かと言って、理想的な写真はまったくいじる事のないものだとも思います。
それを知った上でいじれるようになれたらもっと楽しいはずです!!

また機会がありましたら、その時は撮影時の事をご紹介できたらなと思います。

それではまた☆

次回はhitoshiが、日本人として海外で生活するには(仮)をお送りする予定です。

Posted by Kota

INSANEWORKSの代表&ネットワーク/サーバーエンジニアをさせて頂いております。 よろしくお願いします。
Comments (6) Trackbacks (0)
  1. ほうほう。。。初めて聞く単語だらけだったw
    どぉぁら手を付けたらいいのか。。。
    ところで写真のいじる順番ってのは決まってるの?

    次回テーマ了解です!

  2. 最近はアプリとかでそれっぽくできるのはできるんだけどさ。

    やっぱ・・・

    「バスの中で揺れているエアフレッシュナーをあの角度で撮る」

    という感度?

    のある無しが「差」だよねw

    とつくづく・・・

  3. エトちゃん
    そこつっこむとはサスガですw
    順番は特にはないんだけど、
    まずレベルで本来の色や色調(みてるその時の)にしてあげる事が大事かと。
    カメラの設定なんかによって違うと思うから。(狙ってるならアリだと思うけど。)

    マスミちゃん
    ボクは本当適当です。。。w
    その瞬間を切り抜きたいって思ってるだけなんですよ。
    映画のワンシーンや雑誌の一コマってのを意識してるのかも知れませんけど。
    今まで観てきたもので自分がイイなってものに従ってるままです。
    結局「真似」なんですけど、好きならそこからでも全然イイんじゃないかって。

  4. 質問!

    やっぱレタッチの出来上がりを強くイメージして撮る?
    それとも見たままを再現するのにレタッチする??

    というか後からレタッチってことはその時の「場面」の映像記憶の能力が大事になってくるね。。
    その能力が無い場合はWBライブビューのあるカメラとか、その場で加工できるアプリでカバーできるかな??

  5. ボクはですけど、撮る時はみえてるままに撮るようにしてます。
    でも、1回で50枚とかってシャッター切りますw
    データの利点を生かして撮りまくります!!
    そのなかでいろいろ遊んだりしますね。
    WBをあえて青とかにしたりって。

    レタッチの時もみたままに再現というより、
    思い出補正が強くて想像的な感じかもしれません。
    レタッチ時も何パターンも遊びますけど。


コメントを残す

No trackbacks yet.