Ryzenのサーバー用マザーが出たことで一気に現実的になってきた新サーバーの設計!

パーツは下記をチョイスしました

なお、台風19号の影響と、Ryzenブームで自作PC人気第復活でパーツ入手に難があり海外から輸入しての入手になりました

何はともあれまずはCPUです。Ryzen 9 3900XはTDWが105Wで12コアなんですがどこも売り切れ!!年末にはRyzen 9 3950X(16コア32スレッド)が出るのは知っていたので入手性が良く、(OCしないけど)耐久性の高そうなRyzen 7 3700Xを選択しました

Ryzen 7 3700Xはクーラーも付いててパフォーマンスと消費電力のバランスが良いです

マザーボードは当然X470D4Uです

次に選ぶのはケースです。内側までウレタンの吸音材を張り巡らして5000円で買える素晴らしいケース、PS09がSilverStoneのラインナップにあったのでチョイス

電源はどこでもいいんですがSilverStoneに合わせます。グラボ等は乗っけないので一番小さい600Wで十分、80PLUSの最高峰、Titanium効率電源です

メモリは信頼と安定性のSanMax DDR4 2400MHz 64GBを3つ

X470D4UにはNVMeのスロットがx2ついています。これをZFSや起動ディスクで使わない手はありません!Intel 760pが6000円くらいで買えるのでチョイス

ちな、2016年のNVMe増設の時はこんなIOPSが高く性能がもコストも優れたものが買えるなんて想像できませんでした、、

フロント120mmファン、リア92mmファン、PCIスロット80mmファンの冷却ソリューションは全て静音PCユーザーには超有名なオーストリアの会社、Noctua製のファンで揃えます

Noctua 92mm
Noctua 120mm
Noctua 80mm

さらにIntel X540-T2の消費電力と熱にうんざりしたのでMellanox ConnectX-4 Lxで10GbEから25GbE、SPF28の25GBase-CU、コアクシャル(同軸)でDAC接続することにしました

Mellanox ConnectX-4 Lx EN Network Adapter (MCX4121A-ACAT)
Macroreer Mellanox MCP2M00-A001 Compatible 1M(3.3ft) 25G SFP28 Passive Copper Cable

これを組み立てる時にGoProで動画を撮ったのでYouTubeにアップしようと思っていたのですがボリュームがありすぎて動画編集に挫折しましたw

次回は組み立てとベンチマークを載せます

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください