2013年からの記録なので大量になりましたが買ったパーツを組み上げてベンチマーク編です

まずは1台組んでみて安定稼働したら残り2台もやる予定で組み上げました

Ryzenロゴってなんかかっこいいですよね

SocketAM4はZen3まで使えるロードマップみたいです

リテールクーラーなのに派手に光ります
Noctuaファン
120mmフロント、ほとんど音がしません

Ryzenについてきたシールは当然貼ります!
ストレージの消費電力は60w程度

1台だけ入れ替えて消費電力の少なさに驚愕

3台全部入れ替えてノイズチェック

3台入れ替えてML110 G7の時は60dBAくらいだったのに恐ろしく静かになりました

早速UnixBenchを走らせます

Intel E3-1270の909から一気に6691に上がったのに消費電力は逆に下がってます、素晴らしい

続いてGeekBench、入れ替え前のML110G7と比べてみます

Intel
Ryzen 7 3700X

4倍以上のスコアじゃないですか!!

Ryzenサーバーにかかったコストまとめ

  • Ryzen 7 3700X 42,000円 (3900Xなら+20,000円くらい)
  • Asrock Rack マザーボード X470D4U およそ29,000円
  • SanMaxメモリ 59,981円
  • ShilverStone ケース 5,000円
  • Noctureファン一個 1,000-1,200円
  • Intel NVMe SSD 760p 6,150円
  • Silver Stone 80 Plus Titanium 電源 およそ15,000円
  • Mellanox ConnectX-4 Lx EN Network Adapter およそ26,000円
  • SFP28 Direct Attach Cable, 25 GbE ケーブル およそ 4,000円

1台あたり18万円くらいで、CPUだけで100万円するXeon Platinumより速いマシンが構築できます

これって凄くないですかね

Asrock Rackのサーバー向けマザーで、グラボなし、モニター繋がなくてもブラウザで画面操作できるしこの構成は長く使えそうです

結論、Ryzenサイコー!!

追記

書き忘れましたがラックマウントじゃねえと使えねえよ!!ってあると思いますが、当然Asrock Rackはわかっているので1U2LW-X470と1U4LW-X470という組み立て済みのラックマウントモデルを出しています

X470D4Uラック版

どことは書きませんが、1U4LW-X470 + Ryzen 9 3900X の構成で$1,199〜で買えます。海外がうらやましい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください