9年前この記事で書いてからこのサーバーは基本設計はあまり変えずにちょくちょくアップグレードしています。今回はその遍歴をご紹介します

最終的にはRYZEN(Matisse) に置き換えるまで書きます!!

2010年に組んだ記録

この写真は2013年ごろの記録で、ML115 G5 から ML110 G7へ変更(NTT-Xで14,980円、2013年当時。今はこんな価格じゃ手に入りません)

14,980円で買った鼻毛サーバーですがこのサーバー一台で7-8数台買えるくらいコストかけて増強して使っていました

CPUがしょぼしょぼなのでストックの Celeron G530 から Intel C200 チップセットで使えるほぼ最高スペックの Xeon E3-1270 Quad Core 3.4GHz (Turbo Boost 3.8GHz / Sandy Bridge) へ入れ替え

3つ買いました
サーバー機で純正の方が冷却能力高いゆえ、リテールクーラーは使いません
純正クーラーをひっぺがして
IPAの含んだメガネ拭きでグリスを拭き拭き
Xeon E3-1270

ML110をXeonに変えたことでほぼECCメモリが必須になります。SanMaxのECCメモリ、8Gx4枚を3セットを購入 32GB x3台構成で、これがML110 G7の最大搭載可能容量上限いっぱいです

結構高いです

ストレージはあまりものだった悪名高いWD Greenから当時でているWestern Digitalの最上位HDD、Blackのさらに上位のEnterprise Storage、WD RE 4TB x4 = 16TBに拡張

WD RE 4TB
お引っ越し中

さらにZFSを利用しているので ZIL Cache デバイスとして SLC のIntel 313 SSDをPCIアダプター越しに装着

  • Celeron G530 -> Xeon E3-1270 (38,172円x3)
  • ECC 2GB Memory -> SanMax Micron ECC 32GB (33,980円x3)
  • SATA 250GB -> WD RE 4TB x4 RAID10 (33,800円x4)
  • Intel SLC SSD 313 24GB ZFS Zil/Log (10,890円x1)

本体が1.5万円なのでパーツ多数で多分合計30万越えですw

さらに続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください